メークインの育て方|煮込み量になどに適した定番じゃがいも品種

メークインの特徴について紹介していきたいと思います。
メークインの萌芽時の葉色は紫がかった色味で、茎の長さは、
男爵いもより長く、農林1号よりも短くなります。



茎の数は農林1号よりも少なく、色は緑色、赤紫色の斑点が見られます。
茎翼は波状となり、そう性は、少し開帳です。


小葉の大きさは中くらいの大きさで、形は中間となります。
花色は、淡い紫のような色で、花弁には斑点がいくつもあり、先端は白です。


花の多さ自体は中~大ほどで、花梗が長いので、とても見栄えが良く、
賑やかな印象があります。


いも着きはやや密程度となりますが、男爵いもと比べて、
まばらで形が長く、畑にあると緑化しやすいです。


副枝の離れは良く、いもの形は長い楕円形で、基部周辺は、
少し丸く曲がったような形となります。


皮の色は白~黄色ほどの色で、目は浅く、まゆが良く発達しているのが分かります。
肉色は男爵いもよりもやや黄色っぽく、キタアカリよりは淡い色をしています。


初期生育、早期肥大性は中くらいのもので、枯凋期はやや遅く、
中生に属します。上いも収穫量は男爵いもよりも多いですが、
不良なものが多いのも特徴となります。


やや黄色がかった肉色は、粘質で舌触りが良いのが特徴です。
低温で貯蔵すると、粘り気、甘みが増します。


煮上がり時間は少し短いとされていますが、長時間の煮込みに
向いているので、おでんや、カレーなどの煮込み料理に適しています。


デンプン値が低いので、コロッケなどには向きません。
特に、関東圏よりも関西圏での人気が強いです。


また、コロッケ同様、ポテトフライや、ポテトチップスなども、
向かない品種と言えます。


えぐ味の原因とされるグリコアルカロイドの含量は、ワセシロや、
男爵いもよりも多く、食用の品種の中では極めて多い部類といえます。
そのため、培土や収穫後の管理方法、保存方法については、
最新の注意が必要と言えます。


⇒メークインを栽培する
TOPPAGE  TOP