金系201号の育て方|春系キャベツの人気品種

金系201キャベツ.jpg

金系201号は秋まきで栽培される春キャベツの代表品種です
適応性広く、秋まきして、4月から6月まで収穫できます

球は肥大性すぐれ、1.3~1.5kgくらいになります
尻腐れ病が少なく尻部の穴あきもなく、
しまりのよい偏円球となります

やわらかくておいしいキャベツです




金系201号のタネまき・植えつけのポイント

今までキャベツ類をつくったことのない清潔な土を使用します。
128穴のセルトレーに2粒ずつまき、タネが隠れるほどの土をかぶせ、
たっぷりと水やりします。
本葉が3‐4枚になったころ、畑に定植します


金系201号の管理のポイント

植えつけ後、結球が始まるころまでに追肥や
中耕、土寄せ、除草を2‐3回行います。
追肥はうねの肩に施して、土寄せします。夏の高温乾燥期には、
ワラや刈り草を敷いてやると乾燥防止になります。
水はけの悪いところでは高うねにして、水はけをよくします


品種 金系201号
野菜 キャベツ
科名 アブラナ科
発芽適温 20℃~25℃
生育適温 15℃~20℃
種まき時期 9月下旬~10月下旬
定植時期   10月下旬~11月下旬
収穫時期 4月~
株間 30~40㎝
TOPPAGE  TOP