次郎丸ほうれん草の育て方|丈夫でつくりやすく美味ホウレンソウ品種

次郎丸ホウレンソウ.jpg

次郎丸ほうれん草の起源は
イランから中国を経て日本に伝来しました

ほうれん草の根もとが赤く、昔ながらの品種で
あくが少なく、淡白な食味です
最近の品種と比べるとやや収量が少ないです

葉は薄く、縁は深く切れ込みがあるのが特徴です
秋から冬にかけてまく栽培に利用されます





品種 次郎丸
野菜 ホウレンソウ
科名 アカザ科
発芽適温 15℃~22℃
生育適温 10℃~20℃
種まき時期 8月下旬~10月下旬

収穫時期  10月中旬~
株間 4~6㎝

関連記事

  1. ミンスターランドの育て方|葉の切れ込みが浅い西洋種ホウレンソウ
  2. サラダほうれんそうの育て方|あくが少なく生でも美味しいホウレンソウ品種
  3. 次郎丸ほうれん草の育て方|丈夫でつくりやすく美味ホウレンソウ品種

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakhum.com/mt/mt-tb.cgi/61

コメントする

TOPPAGE  TOP