ミニマルダイコンの育て方|超小型の大根品種

ミニマルダイコンは、直径約4センチほど、重さ50~60グラムほどの、
超小型ダイコンです。形は丸型で、適期に種まきをした場合は、
約1ヶ月ほどで収穫することが出来ます。


生で食べると、少し辛いような印象がありますが、中の方や、
葉に近い部分は甘味が強く、柔らかいのが特徴です。
また、皮を剥かずに調理して食べることが出来ます。


適期は3月~10月頃、真夏は日よけを使って育ててください。
直播きの場合は株間を5センチほどとり、2~3粒ずつまきます。
その後、本葉5枚くらいまでに1本立ちとします。


土壌は水はけが良い場所を好みます。
日当たりの良い畑または、日当たりの良いところでコンテナ栽培をしてください。


肥料は元肥、1平方メートルに対して苦土石灰を100グラムほど、
堆肥を3キロ、低度の化成肥料を100グラムが一般的です。
土は細かく砕いて使うようにしてください。


収穫の目安はピンポン球ほどの大きさです。
煮物、おでん、グリルなどでも美味しく食べることが出来ます。


⇒ミニマルダイコンを栽培する
TOPPAGE  TOP