津田カブの育て方|八雲カブとも呼ばれる牛の角の形のカブ品種

2012n-p6-099.jpg

津田カブは島根県松江市津田町で
江戸時代から栽培されているカブで
八雲カブとも呼ばれています

牛の角のような形をした根部が特徴で
地上部は紫色で、下部は白色をしています

甘みがあり、漬物や煮物に利用されます



品種 津田かぶ
野菜 カブ
科名 アブラナ科
発芽適温 15℃~20℃
生育適温 15℃~22℃
種まき時期 8月下旬~10月上旬

条間 30㎝
株間 10㎝

種のまき方
条間30㎝で2条にすじまきします

間引きを2,3回して株間を10cmにします
間引き菜もおいしく食べることができます



TOPPAGE  TOP