夏すずみの育て方|作りやすい耐病性夏秋きゅうり品種


夏すずみはべと病・うどんこ病に強い耐病性のきゅうりです

オーソドックスな性質をもち、圧倒的に作りやすいと評価を集める
夏秋きゅうりのロングセラーきゅうり品種です

IMG_1200.JPG

真夏の耐暑性が強く、うどんこ病やべと病につよい露地栽培向けきゅうり

果色は濃緑でテリがあり、平均果長は21~22cmで
クズ果の発生が少なく、秀品率が高い品種です

高温乾燥の続く盛夏期でも栽培が安定し、収穫量の波が少ない。主枝雌花率は4~5月播種で50~60%、各節1果成りが主体です。


品種 夏すずみ
野菜 きゅうり
科名 ウリ科
発芽適温 25℃~35℃
生育適温 昼間22℃~28℃ 夜間15℃~18℃
種まき時期 3月中旬~4月下旬
定植時期 4月上旬~5月下旬
株間 50㎝~60㎝
種子の光反応 暗発芽種子
花芽分化
雌雄同株型。温度と日長がおもに作用し、低温短日条件で雌花着生が促進される

関連記事

  1. シャキットの育て方|病気に強くみずみずしい短形四葉キュウリ品種
  2. 夢みどりの育て方|色がよく耐病性のあるきゅうり品種
  3. 夏すずみの育て方|作りやすい耐病性夏秋きゅうり品種

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakhum.com/mt/mt-tb.cgi/13

コメントする

TOPPAGE  TOP