ナス品種一覧

筑陽の育て方|秀品率のよい多収の良質太長ナス!

ナス品種一覧コメント(0)トラックバック(0)

筑陽は、収穫が多く見込める、良質な太長のナスです。
秀品率が高いとされていますので、是非、ご家庭でも育ててみてください。





■筑陽の特徴


・秀品率が特に高いとされている品種で、太くて長い特徴があります。


・寒い時期であっても、首細果、尻太果、先尖り果が出にくく、
奇形果の発生が少ない特徴があります。


・果実の色は濃い紫色で、色ボケが少ないのも特徴です。


・凄く生育の旺盛な品種ですので、栽培後期でも草の勢いが止まりません。


・従来の長ナスと比べて、緻密な肉質を持ちます。


■筑陽の栽培ポイント


・土壌病害を回避する目的、収穫量をアップさせるため、接木栽培が原則です。
・定植は、1番花が開花する直前に行います。
・1番果収穫頃より随時追肥を行なっていきます。


このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事

庄屋大長の育て方|焼きナスがうまい大長ナス品種

水ナスの育て方|多汁で皮が柔らかいナス品種

くろわしナスの特徴|熟期が早い大型ナス品種

黒陽の育て方|極早生でたくさんとれる栽培も簡単長ナス品種

千両2号の育て方|日本を代表する長卵形ナス品種

TOPPAGE  TOP