千両2号の育て方|日本を代表する長卵形ナス品種

千両2号は中長ナスの代表的な品種で、収穫量も多く作りやすい品種です



ナスは大変多くの肥料を好む野菜ですから、
十分な元肥と十分に根張りをする用土が必要です。

どんどん木を大きく育てて、次々と収穫します。
撮り遅れると実が硬くなるばかりが、次の実つきが少なくなりますから、
ある程度の大きさになればすぐに収穫するようにしましょう。

実は次々できますから、元肥だけではなく、
追肥も水も切らさないように与え続けることが大切です。

夏場は日焼けをすると皮が硬くなり、食味を損ねますから、
敷き藁などをして地温の上昇と乾燥の防止に努めます。

お盆頃に木を半分くらいに切り戻しをして
さらに肥料を与え元気に育てると、秋からも次々と収穫できます。



品種 千両2号
野菜 ナス
科名 ナス科
発芽適温 25℃~35℃
生育適温 昼間23~28℃ 夜間16~20℃
種まき時期 2月中旬~3月中旬
定植時期 4月下旬~5月下旬
株間 50㎝

花芽分化
播種後30日前後、子葉展開後18日ぐらいで、本葉3枚が展開し、
本葉8~9枚分化ころに花芽分化し第一花をつける。両全花で自家受精

関連記事

  1. くろわしナスの特徴|熟期が早い大型ナス品種
  2. 黒陽の育て方|極早生でたくさんとれる栽培も簡単長ナス品種
  3. 千両2号の育て方|日本を代表する長卵形ナス品種

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakhum.com/mt/mt-tb.cgi/15

コメントする

TOPPAGE  TOP