くろわしナスの特徴|熟期が早い大型ナス品種

大型のナスとされるくろわしは、熟期が早く着果数が多いので、
家庭菜園にも向いており、収穫量を確保することが出来ます。
今日は、そんなくろわしについて紹介したいと思います。




■くろわしの特徴


・形は短いたまご型で非常に大型です。
350グラムほどにもなるので、1つ1つのボリュームが大きく、
家族の多い家庭にも向いています。

・ナスの中でも熟期が早く管理がしやすいです。

・収穫期を多少過ぎてしまっても、色褪せが少ないのが魅力です。

・着果数が多いので、収穫が多く出来ます。

・枝が太く、普通のナスよりも肥料を好みます。


■くろわしの栽培ポイント


・植え替えは、1番花の開花頃を目安に

・接木栽培が絶対です。こうすることで、病害虫から守ることが出来、
収穫量をアップさせることが出来ます。

・1番果の収穫を目安に追肥を行います。

・4~5月頃にかけてはまだ肌寒い時もあるため、ホルモン処理をし、
着果させます。


⇒くろわしを栽培する


関連記事

  1. くろわしナスの特徴|熟期が早い大型ナス品種
  2. 黒陽の育て方|極早生でたくさんとれる栽培も簡単長ナス品種
  3. 千両2号の育て方|日本を代表する長卵形ナス品種

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakhum.com/mt/mt-tb.cgi/71

コメントする

TOPPAGE  TOP