水ナスの育て方|多汁で皮が柔らかいナス品種

みず茄は、多汁であり、皮がとても柔らかい品種のため、
浅漬に適したナスとなります。
この記事では、みず茄の特徴と栽培ポイントをまとめました。




■みず茄の特徴


・果実の皮がとても柔らかく、多汁で甘みが強い品種です。
水茄子の中でも特に、浅漬に適しています。
・長卵型の極早生種で、初期の段階より収穫が見込めます。
・色ボケ果実の発生が少ないです。
・分枝が早く、草姿は中開性、節間は中程度となります。


■みず茄の栽培ポイント


・定植の適期は、1番花が開花する直前となります。
・土壌病害から守るため、収穫量をアップするために、接木栽培を行います。
・収穫する頃となったら、追肥を様子を見ながら行います。


⇒水ナスを栽培する

関連記事

  1. 水ナスの育て方|多汁で皮が柔らかいナス品種
  2. くろわしナスの特徴|熟期が早い大型ナス品種
  3. 黒陽の育て方|極早生でたくさんとれる栽培も簡単長ナス品種
  4. 千両2号の育て方|日本を代表する長卵形ナス品種

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakhum.com/mt/mt-tb.cgi/79

コメントする

TOPPAGE  TOP